上司が判定[出世できない男の行動]ランキング | watch@2ちゃんねる
スポンサーリンク




人気記事(外部)

お勧め記事(外部)

上司が判定[出世できない男の行動]ランキング

スポンサーリンク

無題

上司が判定した「出世できない男の行動」をランキングで紹介。
1位は「ミスの報告は言い訳から」、2位は「自分から一切提案をしない」。
3位は「メールや電話のレスが遅い」、4位は「どんな行動をしているか謎」と続いた。
詳細は以下のリンク先で
引用元:http://news.livedoor.com/article/detail/8602821/





<上司に対してこうだと出世できないランキング トップ10>

1位:ミスの報告は言い訳から入る 81%
2位:自分から一切提案をしない 74%
3位:メール、電話のレスが遅い 69%
4位:日々どんな行動をしてるか謎 65%
5位:やたらと正論を押し付けたがる 63%
6位:必要以上に気を使いすぎる 54%
7位:挨拶ができない 46%
8位:苦手意識を本人の前にさらけ出す 39%
9位:よくわからないカタカナ語を多用 32%
10位:飲みの誘いに絶対乗らない 29%

出世するには?

「仕事がデキる、デキないではなく、出世できない人というのは、その会社の出世の法則をわかっていないことが多い。それを意識もせず、己のスキルアップばかり求めていても無駄な努力だったりするのです。出世とは当然ですが会社の上層部がジャッジすること。つまり、直属の上司に評価され、社内の評判を上げる。この2つを守ることしかありません

ツイッターの反応



コメント

  1. watch@名無しさん より:

    出世してなんかいいことあるのかよ(´・ω・`)

  2. watch@名無しさん より:

    出世していいことっていうか
    いい年してそれなりに出世してないと死にたくなるぞ
    平然と平社員続けて、年下に顎で使われるのが楽しいなら問題ない

  3. watch@名無しさん より:

    で、上司は全部できるの?

  4. watch@名無しさん より:

    やって見せ、言って聞かせて、させて見せ、褒めてやらねば人は動かじ。
    話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず。
    やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず。
    大体これでうまくいく

  5. watch@名無しさん より:

    日々の行動なんて上司に関係ないやろwww

  6. watch@名無しさん より:

    悪い奴ほど出世する。これが本当のことだ。
    組織というものは一番上に一番悪い奴がいる。
    不合理に見えるのはそういうこと。
    出世したいと思わないで。上司の言うことを真に受けたら病気になる。
    適当にやればいいんだよ。平和ってそういうことだよ。

  7. watch@名無しさん より:

    まじめにきっちり働いて ほうれんそうもしっかり
    しかし上司とパチンコの話やタバコ 隙を見つけてはさぼりまくってる奴の方が評価が高いとかいう現実
    変なプライドもって仕事するより上司に媚売りまくるほうがいいってことさね

  8. watch@名無しさん より:

    下手に中間管理職になったら最悪

  9. 名無し より:

    今の上司がこれ以上出世できない行動ランキング
    1位:上司に対してこうだと出世できないランキングなどくだらない事を考える

  10. watch@名無しさん より:

    管理職なんて役員でも目指してない限りやるもんじゃねぇよ
    面倒だし責任は取らされるし
    下っ端で言われた事+αののらりくらりとやってるのが一番

  11. watch@名無しさん より:

    出世したい人だけすればいいよ

  12. watch@名無しさん より:

    4位、部下の行動を把握していない上司
    9位、言葉を知らない無知な上司
    10位、もはやイカレてるとしか言いようが無い上司
    パーセンテージ見ると上司の無能っぷりに絶望するな。

  13. watch@名無しさん より:

    やたらと専門用語使う奴も追加で

  14. watch@名無しさん より:

    評価する上司の評価も必要

  15. watch@名無しさん より:

    日本の会社が無能な奴ばかり出世させる言い訳を全肯定ですか。そうですか。
    まさに言い訳から入ってますね。
    これでは日本企業の生産性が世界の中で異常に低いのも当然ですね。

スポンサーリンク




WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
タイトルとURLをコピーしました